【NY1メルマガ】ドル安方向への是正は、G20で議題にのぼるか 2019.6.27

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−NY1−−−

☆富裕層メルマガに全面広告が可能です。
詳細→ http://www.movie-marketing.jp/koukoku2

−−−NY1−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



■□ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!■□
 まぐまぐ殿堂入りメルマガ ほぼ日刊 1万部


今日のニュース
ドル安方向への是正は、G20で議題にのぼるか
2019.6.27

【メルマガ読者登録(無料)・登録解除】 http://www.movie-marketing.jp/melmaga-koukoku まぐまぐ殿堂入り・「MONEY VOICE」採用メルマガ http://www.mag2.com/m/0000270230.html 【号外広告のお問い合わせ】080-1721-5482(随時) http://www.movie-marketing.jp/koukoku2 −−−−−−きょうのご挨拶−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− こんにちは。児島です。 大阪で、G20が始まりますね。 今回は、アメリカが、本音では考えている、 ドル安方向への是正が、議題になるかどうかが、 注目点です。 きょうのメルマガです。 −−−−−−−−−−−−−−−−NewYork1本勝負−−−−−−−−−−− ■アメリカは、ドル安を望んでいる! アメリカは、最近、 あからさまなドル安への誘導は、 行っていません。 ドルは、世界中で、広く使われ、 その影響が、大きいためです。 ですから、一時的に、 極端なドル安が起きると、 定番である 「強いドルは、アメリカの国益」 というコメントが、出てきます。 しかし、実際は、 アメリカの経済が良くなり、 ドルが上昇すると、 アメリカからの輸出が不利になり、 (=アメリカ企業に不利) 逆に、外国からアメリカへの輸出は、 外国通貨安で、有利になります。 ですから、トランプ政権の本音は、 ドル安です。 ■タダ乗りは、困る!というアメリカ アメリカは、タダ乗りは困る! ということを、最近、言っているのです。 トランプ大統領の政策で、 アメリカ経済は、良くなっています。 CNNの世論調査で、70%が、 アメリカ経済は「良い」と 回答しています。 https://ny1-nikotama0001.blogspot.com/2019/06/ny12019625.html アメリカの内需は、強くなり、 このアメリカの内需を、 あてにして、 外国企業が、輸出攻勢をかけるのを、 トランプ政権が、 快く思わないのは、当然です。 つまり、 自分の国の内需を、まず立て直して、 フェアーな貿易を行ってください、 自国の経済が、悪いからと言って、 アメリカで儲けようと、 しないで下さい、ということです。 日本や欧州は、景気が良くないので、 大企業は、アメリカで、儲けようとします。 ですが、トランプ政権は、 アメリカの好景気へのタダ乗りは、やめてくれ! と言っているわけです。 自分の国で、ちゃんと、 経済対策をやってくれ、という話です。 ■日米安保での本音も、同様 最近、ニュースになっている、 日米安保や、 中東のシーレーンに関しても、 アメリカの本音は、同様に思えます。 もちろん、日米安保条約が、 どうにかなる、どうにかする、 ということは、具体的にないでしょう。 一方で、アメリカの本音としては、 タダ乗りは困る!という話です。 (正確には、膨大なコストの問題) 中東にしても、 以前のメルマガでご紹介しましたが、 アメリカ自身が、 世界一の産油国となっています。 https://ny1-nikotama0001.blogspot.com/2019/04/blog-post_90.html これは、以前の油田に求められた、 「奇跡的な」地形や地層の条件が、 「不要」となり、 広く、原油が産出されるようになった話です。 当然、アメリカで、 原油が産出されるということで、 中東のシーレーン防衛の意味は、 薄くなっています。 さらに、最近、日本政府は、 アメリカが、イランや中国と、 ケンカしている中で、 イランや中国に接近していますから、 アメリカとしては、尚更、 アメリカ市場への 日本企業の輸出や、 中東のシーレーン防衛には、 意見がある、 ということだと思います。 【まぐまぐ大賞2018】 マネーボイス部門トップ10入り ニューヨーク1本勝負「連動メルマガ」 http://www.mag2.com/m/0001682243.html 毎週金曜日+緊急市況メール(有料版 月額324円) 【編集後記】 G20では、ドル安方向への是正が、 どの程度、話に出るかどうかが、 焦点と思えます。 さて、どうなるでしょう。 (児島) ※このメルマガは、長期の景気循環を念頭に、 経済のファンダメンタルズについて書いたもので、 短期的な個別株式、為替の値動きを示唆するものではありません。 ※情報の収集には、万全を期しておりますが、 記事による、いかなる損失にも、責任を負うことはできません。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 長期景気予測:上昇(20年〜30年単位) 中期景気予測:円高・株安 ■超長期の景気循環コンドラチェフサイクル ロシアの経済学者コンドラチェフが 発見した、資本主義の超長期周期の 経済サイクル。 1929年のウォール街大暴落、 2008年リーマン・ショックと、 約70年前後とされる、大きな 景気変動の周期が存在しています。 https://ny1-nikotama0001.blogspot.com/2019/04/ny12017227.html ■景気対策には、GDPの増加が不可欠 低成長でも、良いではないか、 デフレでも良いではないか、 というのは、大きな間違い。 日本衰退・貧困化で、国民の 生活は、生存権ギリギリの 状態に転落するからです。 貧困を防ぐには、GDPの成長が 必要です。 https://ny1-nikotama0001.blogspot.com/2019/04/ny1201714.html ■コンサルタントが言う、グローバル化が失敗したわけ グローバル化、自由競争は、各国が 個人消費を増やし、良好な経済で あることが、公平性の前提です。 個人消費が低迷する国が、 輸出で一方的に儲けるのは、 隣の畑が良いからと、土足で 入っていくようなものです。 https://ny1-nikotama0001.blogspot.com/2019/04/ny12017124.html ■トランプ大統領は、なぜ中低所得層に人気なのか? トランプ大統領の政策は、荒唐無稽に とらえられていますが、実は正しい。 トランプ大統領は、NYでも、 クイーンズ出身。 経済政策の何が正しく、何が正しくない かが、見えているのです。 https://ny1-nikotama0001.blogspot.com/2019/04/ny120161116.html −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− まぐまぐ殿堂入り・「MONEY VOICE」採用メルマガ 『ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!』                 約1万部 ■メルマガ発行  東京都港区南青山5丁目17ー2 表参道プラザ 日本Web動画マーケティング 児島康孝 http://www.mag2.com/m/0000270230.html Eメールアドレス  y-k-com@ck9.so-net.ne.jp 号外広告のお問い合わせ 080-1721-5482(随時) http://www.movie-marketing.jp/koukoku2 メルマガ読者登録 http://www.movie-marketing.jp/melmaga-koukoku 成城ねっとTV  http://seijo-net-tv.com ◇ビットコイン「投げ銭」して下さる方は、 こちらのビットコイン・アドレスへ。 3Pc5T9EmbZtx4mdsaPrSfxWhzvaNPdmFBN −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

コメント