【NY1メルマガ】アメリカでも、大きく報じられ始めたクルーズ船問題。 上陸隔離が良いのでは(2020.2.11メルマガ)

アメリカでも、大きく報じられ始めたクルーズ船問題。 上陸隔離が良いのでは(2020.2.11) 

こんにちは。児島です。 横浜周辺に停泊中のクルーズ船、 「ダイヤモンド・プリンセス」の 新型コロナウイルスの感染者は、 135人になりました。 クルーズ会社は、 全額返金を表明するなど、 思い切った対応を 示していますが、 迷走する日本政府は、 船内環境の悪化に対応して、 上陸隔離をすべきでしょう。 きょうのメルマガです。 (2020.2.11)


■アメリカメディアも、大きく報じ始めた 

アメリカでは、 新型コロナウイルスへの 政府の対応が 早かったこともあり、 アメリカ国内では、 今のところ、名実ともに、 新型コロナウイルスは 脅威になっていません。 中国との航空便を ストップして、 さらに、中国からの 入国もストップ。 武漢からの帰国便は、 米軍基地で隔離しました。 

このため、 アメリカ国内では、 新型コロナウイルス問題が 差し迫っておらず、 ニュース報道も 少なめだったのです。 最近まで、 トランプ大統領の弾劾裁判や、 2020大統領選挙が、 メインのニュースでした。 しかし、横浜の クルーズ船問題で、 感染者が急増したうえ、 アメリカ人の乗船客も、 少なくないため、 大きく報じられ始めました。 ABCやNBCも、横浜港の クルーズ船の感染問題について、 このところ、大きく報じています。


■もはや、上陸隔離しかないのでは 

日本で、武漢からの 帰国チャーター便の乗客が、 勝浦のホテル三日月で、 相部屋になったりしたのをみて、 200人ぐらいでも、 まともに対応できない現状に、 今後の政府対応を 危惧していたわけですが、 横浜のクルーズ船の感染問題で、 これが、まさに、 現実化してしまいました。 200人でも、 すぐ対応できないのですから、 「ダイヤモンド・プリンセス」の 2700人とか、2600人規模には、 当然対応できません。 船内環境が、悪化しているのは、 明らかですから、 もうこれは、場所を変えて、 数カ所に分散して上陸隔離をするしか、 ないでしょう。 

実際のところ、 感染が確認されれば、 日本国内に上陸、搬送。 隔離が完了しても、 横浜上陸。 どちらでも、上陸なのですから、 上陸の上で、隔離する方が、 きちんと対応できるでしょう。 

まさかとは、思いますが!! 船内で感染が確認されて、 日本国内に搬送すると、 WHOでは、日本の感染者に カウントされず、 上陸してから検査すると、 日本の感染者数になるという、 WHOの、おかしな話を、 考えているのでしょうか。 いずれにしても、 新型コロナウイルスの 実態は、同じであって、 不毛な話です。 それによって、 ウイルスが増えたり、 減ったりするわけでは、 ありませんから・・ 

さて、この問題の 推移を見ていますと、 さながら、震災などの 大規模災害での避難所の運営と、 同じ問題にみえます。 体育館での「雑魚寝」と同じく、 対応できずに、放置されている、 そういう部分が大きい、 という見方が、できるでしょう。 

そして、この問題は、 今回のクルーズ船だけの話では、 ありません。 このことは、 今後、日本各地で感染が広がった場合、 各地の都市で、次々と、 5000人、1万人といった具合で、 隔離や検査が、必要になるわけで、 その場合、 まともに対応できない、 ということを示しています。 

要するに、多くの日本国民が、 ほとんど放置される可能性が高く、 大混乱の中で、 医師の院内感染も、 確実に起きて、 今のように、とても、 日本では重症例は少ない、とか、 言っていられないでしょう。 1918年から始まった、 スペイン風邪では、 日本では38万人から39万人の 死者が出ているのです。 


■クルーズ船、国際的な人権問題にも 

日本国民だけが、対象の場合、 こうしたケースでは、 ほとんどが、泣き寝入り、 となるのですが、 今回のクルーズ船には、 アメリカや英国の人達も、 乗船しています。 船内での環境について、 SNSやメディアで、 明らかにしていますが、 日本のパターンの、 「避難所」的な運営では、 国際的には、人権問題となります。 クルーズ船の話を通して、 日本では、日本国民は、 こんな対応を受けているのか? という話にも、 なってくるわけです。 こうした側面からも、 今回の日本政府の対応に、 世界から注目が、 集まっているのです。 

➡児島康孝の最新情報をメール(無料)で受け取る


【編集後記】 
要するに、平素からの、 低所得層への対応、 デフレ対応といった話から、 災害時の避難所対応まで、 きちんと、対応できていれば、 新型コロナウイルスにも、 対応できるし、 できていなければ、 当然、できない、ということです。 アメリカは、平素から 対応できているので、 新型コロナウイルスにも、 対応できているわけです。 (児島)

(→最近のメルマガ記事一覧)


【まぐまぐ無料メルマガ】
ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!
https://www.mag2.com/m/0000270230.html
(無料購読)


【まぐまぐ大賞2018】ランキング入り
ニューヨーク1本勝負「連動メルマガ」(月額330円税込・週1回)
http://www.mag2.com/m/0001682243.html 





【世界の最新・軍事情報】foomii
NY1メルマガ(月額1100円税込・週5日) 
https://foomii.com/00173 

(foomii)




コメント

コメントを投稿