【NY1メルマガ】MMT理論は、全否定も全肯定も誤りであり、超長期景気サイクルの位置がポイント

MMT理論は、全否定も全肯定も誤りであり、超長期景気サイクルの位置がポイント 

アメリカや日本で、MMT理論が注目されていますが、超長期の景気サイクルの位置によって、正しい局面と、誤りの局面がある、と言えるでしょう。 

もちろん、リーマン・ショックという、大恐慌から、まだ10年ほどの現時点では、MMT理論は、積極的に活用すべきで、現時点で最も重要な指標は、インフレ率の動きです。 

これは、砂漠に水をまくのと、水浸しの状態で水をまくのと、どれだけ水をまいたらよいのかは、それぞれ注目すべき指標は、異なっているということです。 

つまり、重要なポイントは、70年周期の超長期の景気サイクルで、どの時点(局面)にあるかによって、見方や参考指標が異なるということです。 とくに、戦前・戦後を通じて、杓子定規な金融政策で失敗しているのが、日銀であり、・・・

☆ここまで記事全体の1割前後、残り約9割
→つづきは、定期購読の有料サイト月額1000円





コメント