【NY1メルマガ】「ドル売り介入」「0.5%利下げ」市場に観測が流れる

「ドル売り介入」「0.5%利下げ」市場に観測が流れる 

ドル高を抑制するために、トランプ政権がドル売り介入を行うのではないか、FRBは、0.25%の利下げではなく、0.5%の利下げを行うのではないか、このような観測が市場に流れています。 

「ドル売り介入」と言っても、簡単な話ではなく、単独で、いわゆる「スムージングオペレーション」を行って、緩やかな介入を行うというのが現実的ですが、トランプ大統領が、繰り返しドル相場への不満(ドル高への不満)を強調しているため、観測が消えないのです。 

また、「0.5%利下げ」観測も、パウエル議長が打ち消しては、NY連銀総裁が、再び火をつける、という具合で、点滅し続けています。 

まず、「ドル売り介入」観測ですが、ムニューシン財務長官は、これについて・・ 

→つづきは、定期購読(月額1000円)へ





コメント