【NY1メルマガ】ゴールドマン、FOMC待たずにFRB利下げの可能性を指摘 (2020.3.2メルマガ)

ゴールドマン、FOMC待たずにFRB利下げの可能性を指摘 (2020.3.2メルマガ)



NY1本勝負メルマガ(まぐまぐ無料)メルマガが2週間ほど早くなります。 
こんにちは。児島です。 ゴールドマン・サックスの エコノミストは、1日、 今月のFOMCを待たずに、 FRBが利下げをする 可能性があるという、 見方を示しました。 ロイターが1日、報じました。 きょうのメルマガです。(2020.3.2) 



■米FRB、今月のFOMC待たずに利下げも 

 ロイター通信は、  

「米FRB、今月のFOMC待たずに利下げも =ゴールドマンサックス」 
(3月1日 ロイター) 
https://twitter.com/ReutersJapan/status/1234326726026649601 
このように、報じました。 


当メルマガでも、2月29日に、
「FRBパウエル議長が、利下げ示唆。 「緊急利下げ」の可能性も浮上」 
(2020.2.29)  
https://ny1-nikotama0001.blogspot.com/2020/02/ny1frb2020229.html 
と報じています。 


3月のFOMC会合を、 待たないで利下げというのは、 「緊急利下げ」のことです。 FRBの、先日の異例の声明を 観察しますと、 FEDウォッチヤーとしては、 当然、「緊急利下げ」の 可能性を意識します。 

アメリカ最大にして、 世界最大の投資銀行、 ゴールドマンサックスが、 FRBの動きを意識するのは、 当然のことです。 


■日銀声明は、インパクトないが、協調行動の可能性示す 

また、日銀も、 新型コロナウイルスの 影響が広がる中、 2日、声明を発表しています。 日銀の今後の行動には、 あまり期待できませんが、 各国の中央銀行の動きを 観察するうえでは、 とても重要です。 

といいますのは、 FRBの行動が、 最重要なわけですが、 日銀が、声明を出す、 ということは、 FRBの行動に合わせて、 先進国を中心とする 世界の中央銀行が、 協調行動をとる可能性が、 ある、というわけです。 

ですから、日銀が、 何ができるか、というよりも、 世界で、協調利下げや協調緩和が、 十分あり得る状況に、 なってきている、 という意味で、 日銀の行動を観察することに、 意味がある、ということです。 

以前、お伝えしましたように、 日本の実体経済は、 恐慌レベルで、 非常に悪い中で、 さらに、 新型コロナウイルスですから、 もう、これは、 どうしようもありません。 


 (ご参考) 
日銀総裁、ダボスで10月〜12月期 マイナス成長の可能性と発言(2020.1.25) https://ny1-nikotama0001.blogspot.com/2020/01/ny12020125.html 


 「景気は緩やかに回復している」 というコメントを信じている人は、 政府や日銀関係者以外、 ほとんどいないでしょう。 


【編集後記】 
協調利下げが、ある得る展開です。 ロイターが報じた、 ゴールドマンの予想は、 FRBが0.5%利下げも あり得るという見方です。 (児島)

(→最近のメルマガ記事一覧)




【まぐまぐ無料メルマガ】
ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!
https://www.mag2.com/m/0000270230.html
(無料購読)


【まぐまぐ大賞2018】ランキング入り
ニューヨーク1本勝負「連動メルマガ」(月額330円税込・週1回)
http://www.mag2.com/m/0001682243.html 






【世界の最新・軍事情報】foomii
NY1メルマガ(月額1100円税込・週5日) 
https://foomii.com/00173 

(foomii)


コメント

コメントを投稿